発達支援(児童)事業まんようの里キッズ

まんようの里キッズ児童発達支援・放課後等デイサービス

発達につまずきや遅れなどの気がかりがあるお子さんとその保護者を
対象に特長や傾向に応じた療育活動を通じて学びの芽を支援します。

対象児 倉敷市が発行している受給者証をお持ちの未就学期から小学生6年生まで
開所日 月曜日から土曜日まで
定休日 日曜日、祝日、年末年始(12月30日〜1月3日)
定員 1日につき10名

療育内容

個別や集団での活動内容や方針(目的)に関する個別支援計画は保護者、関係機関との連携にて作成します。
(以下は一例です。個別のニーズに応じて支援を組み立てます)

  • 運動機能を含む日常生活上の身辺自立や生活習慣の獲得(定着)
  • 必要な情報を「見て・聞いて」、「分かる・楽しむ」経験の提供
  • 自分を知り、他者との相互的な関わりが意識できる経験の提供
  • 「できるかも」「やってみよう」と発想できる経験の積み上げ
  • ご利用に際しては、受給者証に「児童発達支援」又は「放課後等デイサービス」の記載が必要です。
  • 利用料や送迎、空き状況等ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

療育の風景

まんようの里ふあり障害児相談支援事業

ふあり(huali)とは、ハワイ語で「輝く」という意味です。
こどもたちのhualiな可能性や未来に向けてのお手伝いをします。

営業日時 利用料
月曜日から金曜日(祝日を除く)9:00~17:00 無料
営業日時 月曜日から金曜日(祝日を除く)
9:00~17:00
利用料 無料

相談支援とは

ご本人やその保護者のニーズを整理し、障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービスなど)の支給・利用にあたって、支援利用計画※①を作成し、通所支援開始後、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援※②を通じて、通所支援等のサービスを効果的に利用するためのマネジメント、生活等に関する相談、関係機関との調整などを行います。

※①
障害児通所支援の利用申請手続きにおいて、お子様の心身の状況や環境、お子様ご本人及び保護者の方の意向を踏まえて「障害児支援利用計画案」の作成を行います。利用が決定した際は、サービス事業所等との連絡調整、決定内容に基づく「障害児支援利用計画」の作成を行います。
※②
利用している障害児通所支援について、その内容が適切かどうか一定期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い、「障害児支援利用計画」の見直しを行います。また、モニタリングの結果に基づき、計画の変更申請等を必要に応じてお手伝いします。